<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    BORUTO

    0
      (タイトル)に行ってきました。

      もう、なんか色々と衝撃過ぎて何も言えない・・・('_')。

      とりあえず、劇場で「ぎゃ〜〜〜〜〜っっ!!」と叫ばなかった自分をほめたい。いやむしろ誰か褒めてくれ。褒めて下さい。お願いします。もうね、キャラが出て来る度、喋る度動く度戦う度、危なくなる度、BGMが流れる度、「ギャァッ」と叫びたかった。これを自分一人で観ていたら、もう凄い珍妙なことになっていたと思う。あー・・・危なかったぜ。

      だけど、よかった。
      何がどうというより全てが良かった。
      本編も設定も敵キャラとの絡みも教訓もEDの演出も終わり方も全てが全て。
      正直、話が終わった時、「次回作は・・・」的なものを全力で期待してた。ドラゴンボールみたいに原作終わってもアニメで子・孫・ひ孫までやるようなものがあってもいいと思う。ナルトの代で木の葉の街があんなに変わったんだから、孫あたりになれば近未来的なSFちっくになってもおかしくはないけれど、そんな忍者があってもいいと思う。個人的に凄く観たい。
      映画を観終ったあとで、もう一度券を買って連続で観ようかと思った。
      何故、もう一回観る時間とお金がないのか、自分を問いただしたい。
      よし。DVDを買おう。


      それから。
      後ろの席に座ったボーイズが始まる前と終わった後に話し合っていた内容が実に面白くも的中していた。
      オタクフィルターのかかっていない世間一般人からの視点って、冷静でとても納得できる。
      だけど、彼らがサスケの話をし始めた瞬間、振り向かなかった自分をほめたい。
      四方 蓬 * - * 21:23 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      コナンと金田一

      0
        (タイトル)のコラボがたいそう好きです。

        コナンは一通り見返したので、現在、金田一を復習中。

        コナン見た後で金田一観ると、なんかほっとする。
        現実味があると言うか。
        生々しいと言うか。
        共感できると言うか。
        スケボーで空飛んだり女子高校生が足で電柱や扉折ったりしないところらへんが。
        当たり前だけど、安心して観れる。
        しかし、その分犠牲者が多くなってしまうのが金田一の特徴であり、変な話だけど、でもやっぱり安心して観れる。
        喜怒哀楽の怒の部分がすごく感じられる作品だ。
        あー、安心する・・・。



         
        続きを読む >>
        四方 蓬 * - * 21:53 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        ラジオコナン6回は神回だった。

        0
          ラジオコナン、今更になって初めて聞きましたが、6回はまさに神回!すげかった。
          あれ聞いてから、哀ちゃんの「私、パス」がすんごい特別ワードに聞こえてしゃーない。
          中の人がどんどん仲良くなって絡めばいいと思うよ。
          声優さん二人とも大好きだから!普通に友達して仲良くなっていてほしい。

           
          続きを読む >>
          四方 蓬 * - * 09:27 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          哀ちゃん押しだけど

          0
            名探偵コナン
            全力で宣言するけれど、自分は哀ちゃん押しです。哀ちゃん大好きです。あまり出て来ることのない哀ちゃんが出て来るとそれだけでハイテンションになれますその日一日ハッピーです。だけど別に蘭が嫌いなわけではありません。普通に好きです。ただ哀ちゃんが好きすぎるだけです。うん。そうです。哀ちゃんがシェリーでシェリーが哀ちゃんで。映画も哀ちゃんがいるかを出番率を必ずチェックしてから観るようにしています。サスケの二の舞は踏むまいと。期待はかけすぎたらだめなのだと。
            最近ようやく『水平線上の陰謀』を観ました。一番の見所は哀ちゃんの操縦技術と毛利のおっちゃんの推理&一本背負いです。あれはよかった。普段ダメダメな感じのおっちゃんがピシッと論破してくれるのは観ていて爽快ですね。特に彼は、自分の知人友人が関わる事件は並々ならぬ閃きで解決してくれるのでコナン君でなくてもびっくりです。しかも人知れずひっそりと推理を披露してくれるのでかっこよさが逆に際立ちます。でもそれがかっこいい。親戚のおじさんにほしい。
            一番駄目だと思ったのは蘭でした。個人の判断基準になるのでしょうが、あそこでプレゼント取りに戻りに行っちゃダメでしょ。本人ちょっとくらいとかどうしてもとか思ってるけれど、確実に死亡フラグしかたっていない。迷惑かけまくりフラグだよ。あれだけ事件に関わって人の命の大切さをまじかに見てきたはずなのに、何してんのあんた。今まで一体何を父や新一から習ってきたのさびっくりだよ。子供たちからのプレゼントが世界に一つのかけがえのないものだって分かってるけれど、それってお金が大事だから財産を取りに船に戻っていく人と何ら変わりないよ。やっていい場面とやっちゃダメな場面の区別くらい付けようよ。霊安室に入れられた友人が死ぬかもしれない場面に遭遇した後にこれだよ。いやびっくりだよ。最後にその貝殻にコナンが助けられたような描写だけどそもそも蘭が取りに行かなきゃもっと普通に余裕に脱出だったよ。この話題だけで1時間くらい語れる。
            いや蘭普通に好きなんですけどね。哀ちゃんと女子トークとかしててくれれば個人的にうれしい。姉妹として哀ちゃん守ってほしい。でも自分としては蘭<<園子<<<<<哀ちゃんとなる。その子は好きだ。彼女が実は一番とばっちり食らっているのではないかと勘繰っている今日この頃。本当に早くまことさんと平和にラブラブしていてほしい。お幸せに!



            いや、本当にびっくりしたよ。
            四方 蓬 * - * 22:47 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

            梅雨ですが寒いですね

            0
              昨日の夜から雨も降っていないのに寒いです。
              日中は屋外に出ていてもべつに暑くはないです。
              おかげでお腹を壊しました。

              最近、懐かしくなってコナンをアニメでずっと見直しております。
              本編+映画を交互に、あーあったあったこんなことあった。って感じで懐かしんでおります。完全におばちゃんの思い出話の気分です。犯人は分かるのにトリックどうだったかいまひとつ思い出せない、というより推理できない自分の頭が知れます。
              しかし、観てて思うのですが。

              蘭は記憶を失いすぎじゃね?

              一時的な記憶障害にしろ、あれやこれや覚えてなさすぎる・・・。
              思い出そうとする時に限って体調が悪くなるのもお決まりだったりするのかな、アレ。

              お決まりと言えば青山先生作品は幼馴染カポーが定番ぽいですけれど、嫌いじゃないです。そんなセオリー。
              一番好きな幼馴染カポーは実は毛利夫妻。
              喧嘩ップルをすごくいい意味で体現している上、何も後ろ暗いところがない。お互いを思いながらも表面上は一番ツンケンしているカポーです。是非ともお母さんには戻ってきてもらいたいものですね。けれど、一緒に住んでいた時料理は一体誰が作っていたのでしょう。
              四方 蓬 * - * 23:13 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

              終わセラ8巻

              0
                (タイトル)をようやく見れました。
                ドラマCD梱包バージョンがどこにもなくて探し回り、ようやく楽天さんから買えました。
                漫画の本編はあれこれあれこれで凄かった―。15位始祖のルルル・ラララーさん???(名前が覚えられない。優ちゃん以下)が意外とあっさりとやられていたのをみて、あっるぅぇ〜?と思っていましたが、最初っからでてきていたのは7位始祖様、3位始祖様なのでめっちゃ偉い人もとい吸血鬼でした。そうでした。15位くらいじゃ瞬殺できそうなくらいド偉い御方のオンパレードだったのであれと比べちゃいけんかった。月とすっぽんだった。やばいねやばい。
                しかし13位のクローリーくん+2名で基本逃げる体制の戦法をとってのたたかいなのだから、13位様はどんだけ強いのか。たった2位しか違わないと言うのに、それほどまでに強いのか。とはいえ、着実に貴族様は殺されていっておりますね。そんな中でミカちゃんが暴走している模様ですが・・・基本いいやつだと信じてる!君はいいこだ!できる子なんだ!不運続きなだけなんだ!幸せになれそうなフラグが一切出てこない不遇さだけど、是非とも上層部にばれないように、優ちゃんのために暗躍してもらいたいものです。でもどうかお母様であらせられる合法ロリ・クルル様とは仲たがいなさらぬように祈ってます。
                しかし、近付けば近付くほどラクスちゃんの死亡フラグがたちそうで怖いです。(近づく=与一に近づく)因縁あるのは分かってるしストーリー性からして与一は死なないキャラだとは思いますけど、それでもラクスくんには生き残っていてほしい。パッと振り向いた瞬間に与一の矢でズドンなんてこと、どうかありませんように。
                ズドンと言えばCD!CD!CD!!!終わりのキャストの方々のコメントコーナー!!あれなんですかなんですか深夜様一体なんなんですか!「百虎丸、撃つよ、ズドン」だなんて!!!!!聞いた瞬間頭を掻きむしって奇声もとい雄叫びを上げてしまった。CDストーリーちょいちょいシリアスでほのぼので時々援交じみたいやらしさがにじみ出ていたのに対し!あのコメント!もう萌えるどころじゃなかった。頭が一気に爆発しました。家の中に家族が誰も居なくてよかった。本当によかった。嬉し過ぎて死ぬんじゃないかと思った。まさかあそこで殺される日がこようとは・・・。侮り過ぎていました、キャストコメント。ごくり。深夜様におちた瞬間だった。
                四方 蓬 * - * 16:26 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                名探偵コナンをプレイバック

                0
                  名探偵コナンのプレイバックを観ました。

                  彼等はアニメ開始当初は顔が丸かったのですが、いつの間にかシェイプアップしていたようですね。元太と目暮警部と阿笠博士を除いて。
                  プレイバックで観ていてよく分かるのが、最初の頃は高木刑事が意外としゃんとしていたこと。今はちょいちょいヘタレのイメージがついていますが、彼はやる時はやるんです。それに人間味と言いますか人間臭さが加わっただけで。昔はドラマで観るような刑事らしさを兼ね備えていたようです。個人的には今の方が好感を持てます。
                  自分としては灰原押しなのですが、彼女はいまひとつ、ここぞというときにその天才的頭脳が活かされていない気がします。見せ場は全てコナン君が持って行ってしまうか少年探偵団に譲っているのか。事件発覚直後でささいな助言をした後は完璧な裏方となっています。コナン君といっしょにあれこれ推察している時は熟年夫婦みたいなのに。家事を完全分業するバリバリのやりて夫婦的なスタイルは服部君とだと思います。いっしょになっても夫婦別姓な感じなのが怪盗キッド。じゃぁ、本妻の蘭ちゃんはというと・・・彼女、推理する上ではただの証人役に回ることが多いからな。どうでもいいことでヒントを与えてくれるのも5割は蘭姉ちゃんではないかと思っています。内助の功って感じなのかな。

                  この前、Next Conan's HINT集をゆちーぶで観ました。
                  意外とおもしろかったです。
                  皆案外おもしろがってあれやってらっさるのではないかと。
                  今更ながらに思いました。
                  四方 蓬 * - * 19:58 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                  久々の声優当てクイズ

                  0
                    アマグラナフ・ルォーゾンタム・ウーヴ・リ・ネジ(血界戦線)の声、どっかで聞いたことがあると思ってお風呂で悩んでいたら、突然脳裏に木ノ葉丸君(NARUTO)が降臨した。
                    ウィキペディったら、大正解!
                    円谷君(名探偵コナン)やチョッパー(ワンピ)の声でもあらせられた。
                    と思ったら、あれ?ピカチュウ(ポケモン)でもあったのか!
                    でも個人的には姫ちゃん(姫ちゃんのリポン)は外せない。
                    あれがどうしてどうやってピカチュウになった???

                    てか、今初めて知りましたが、うぃきぺでぃあさんでは、ポケモンのところで「サトシのピカチュウ」と紹介されていた。
                    それ以外にピカチュウあるんかい。


                    こういう中の人情報はほんとおもしろい。
                    四方 蓬 * - * 22:19 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                    けっかいせんせん

                    0
                      血界戦線アニメ観ましたー。
                      思った以上に絵が綺麗でよかった。
                      よすぎた。
                      話の作り方というか持って行き方がめちゃ好き。
                      声優さんもはまり役過ぎて想像以上に泣けた。
                      あーアニメ化最高ー・・・。
                      と思っていたら、アニメイトのメルマガからリアルタイムで「血界戦線 DVD&ブルーレイ」発売のお知らせが入ってきた。
                      くそう。
                      購入ボタンをすかさず押すところだった。
                      と、我に返ったところで、そのまま本能に押し流されてボタン押すんだったとも後悔しました。


                      てかあれ、フェムトはやはり石田さんだったのかぁ。
                      やっぱりそうかぁ。
                      ほんとすごい人だよあの人ぉ。
                      いい仕事するなぁ。
                      石田さんのこれまでの仕事歴を鑑みるに、ほんと惚れるしかないやろこれ。
                      四方 蓬 * - * 19:07 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                      GWは終わりました

                      0
                        GW=グダグダウィークが終わるまでに、終わりのセラフを読もうと決めて。
                        2日かけて7巻まで読みました。
                        8巻は特典版付きを注文中。

                        いやー。
                        主人公'sはセラフですねー。
                        けれど、フェリド様はまじでフェリド様でフェリド様だった。衝撃の偽下剋上宣言。どっきどきものですね。その点、見た目の容姿も相まってクルル様は以外にも素直に見えて仕方ない。比較対象がフェリド様である時点で基準値はかなり低いわけですが。それを抜きにしても、クルル様に「信じて」なんて言われた日には平伏の土下座して従ってしまいそうで怖い怖い。

                        単行本の表紙は人間→吸血鬼→人間→吸血鬼→の順番のようですが、DVDの時はどうなるのでしょう。
                        1話の設定と家の中の仕様が大変気に入ったアニメ終わセラでした。
                        ミカ君が最後の人間としての食事として茜ちゃんが作ってくれたカレーを食べてくれたので、あれがほんともうどれだけ観ている人の救いになったか。漫画では「いま!すぐ!脱出」宣言してたので食べていなさそうでしたし。カレーを抱えて走りながら食べていたと仮定してみると、どうだろう・・・。いやでも地図を持っていたしなぁ。
                        それにしてもカレーって結構油使ってたりなんだりでお腹壊すし刺激物だし、残飯まがいなものを食べて栄養不足していた子供の胃にはかなり負担を与える食べ物だと思う。何故カレーを選択した!?
                        四方 蓬 * - * 22:25 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
                        このページの先頭へ